おやつ アレルギー対応

1歳からのおやつレシピ|豆腐とレーズンのクッキー♪卵なし・乳なし

1歳からのおやつにおすすめな、豆腐とレーズンのクッキーのレシピ

 豆腐とレーズンのクッキー

材料つくり方

豆腐を加えることで、外はサクッと、中はふんわりとした食べやすいクッキーに仕上がります。1歳からのおやつにおすすめ♪

材料を混ぜて焼くだけ!型も不要な簡単クッキー。甘さは控えめでも、レーズンの風味でおいしく食べられます!

卵・乳アレルギーの子も◎

 

1歳からのおやつにおすすめ!豆腐とレーズンのクッキーのレシピ

1歳以降のおやつにおすすめ、豆腐とレーズンのクッキーのレシピ

1歳になると、離乳食にプラスして「おやつ」で栄養を摂っていくことも大切になってきます。

とはいえ、あくまで離乳食だけでは足りない栄養を補うための「おやつ」なので、なるべく栄養価が高い食材を食べさせたいですよね!

このレシピでは、小麦粉にプラスして「豆腐」を加えているので、クッキーなのにたんぱく質も摂取できます。

「レーズン」にも、子どもにうれしい栄養素が豊富!

中でも特に豊富な鉄分は、この時期の子どもにとって大切な栄養素。手軽に摂取できるレーズンは優れた食材なのです♪

甘みもあるので、砂糖が少なめでもおいしく食べられますよ。

豆腐の水分でサクサクしすぎない、1歳ごろの子どもにも食べやすい中がふんわりとしたクッキーです。

 

豆腐とレーズンのクッキーの材料<作りやすい分量>

絹ごし豆腐
50g
砂糖
大さじ1
サラダ油
大さじ2
小麦粉
100g
レーズン
適量(大さじ1/2くらい)
ベーキングパウダー
小さじ1/2

豆腐とレーズンのクッキーのつくり方

  • ボウルに絹ごし豆腐を入れ、なめらかになるまでよく混ぜます。
  • 砂糖・サラダ油を加え、さらによく混ぜます。
  • 小麦粉とベーキングパウダー、レーズン(キッチンばさみや包丁で半分か4等分ほどに切ったもの)を加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
  • ひとまとめになったらラップの上に置き、棒状にします。
  • 5mm程の厚さずつ包丁で切り、クッキングシートを敷いたオーブンの天板に並べていきます。
    ベッタリとして包丁でよく切れない場合は、だいたい同じ大きさずつちぎって丸めて、上から潰すように形を作ると簡単です。ラップの上から潰すようにするとくっつかずにできますよ。
  • 170度に予熱したオーブンで約15分焼いて完成です。

 

 

豆腐とレーズンのクッキーの栄養ポイント

良質なたんぱく質源の「豆腐」と、栄養価の高い「レーズン」を加えることで、おやつでありながらしっかりと栄養が摂れるクッキー。

 

自然な甘さ!「レーズン」

レーズンは、ぶどうを天日干しや熱風などで乾燥して作られています。

干すことでギュッと凝縮されて、栄養価はさらにUP!食物繊維やカリウム、カルシウム、鉄分などが豊富です。

レーズンには自然な甘みがあるので、摂りすぎると身体に害を及ぼす「砂糖」の代わりとして使うのもおすすめ!

ただし、炭水化物(糖質)が多いので、食べすぎには注意が必要です。

 

管理栄養士あおちママのひとことコメント

子どもにとって、とても大切な栄養補給源となる「おやつ」。

なるべく栄養価の高い食材を使って、離乳食だけでは足りない栄養素をしっかり補いましょう♪

あおち
ふんわりしていて、たべやすいクッキーだよ♡

 


食材のカットには、こちらのキッチンばさみがおすすめ

「切る」はもちろん、かぼちゃやじゃがいもなどを「潰す」、ブロッコリーの穂先などの細かい食材を「すくう」など1つで3役をこなせる優れもので、先端にはガードが付いているのでお皿に傷がつきにくい!

 

1歳からのおやつのレシピ一覧

1歳児と一緒にクッキー作り♪卵バターなし|ほうれん草クッキーのレシピ

1歳からのおやつレシピ|卵なしで簡単!黒ごまきな粉クッキー

バナナプリン|離乳食期におすすめなレンジでできる簡単プリンのレシピ♪

離乳食のおやつレシピ|牛乳寒天ゼリー♪夏の水分補給にもおすすめ!

離乳食のパンケーキレシピ♪卵不使用、小麦粉で作る基本のふんわりパンケーキ

オートミールで離乳食クッキー♪赤ちゃん1歳児向けレシピ|砂糖・卵不使用

-おやつ, アレルギー対応

© 2022 管理栄養士ママの離乳食blog