おやつ

【離乳食後期から】定番スイートポテトのレシピ

 スイートポテト

材料つくり方

優しい甘さで重すぎない、スイートポテトのレシピです♪

ふかし芋や焼き芋が余ったときのリメイクにもおすすめ!

砂糖の量の調節で、子ども大人もおいしく食べられます。

 

焼き芋は、こちらのレシピ(炊飯器de焼き芋レシピ【玄米モード】でねっとり甘く仕上がるヒミツ)を参考にするとあま~く仕上がるので、砂糖の量が少なくてもおいしく作れますよ♪

 

離乳食後期からOK!スイートポテトのレシピ♪

スイートポテトの定番レシピですが、生クリームを使用せず牛乳を使用するので、重くなくさつま芋本来の味を楽しめます。

砂糖の量を調節することで、離乳食期の子どもから大人までみんなおいしく食べられます。

茹でるor蒸したさつま芋を裏ごしする作業が多少手間ですが、このひと手間で仕上がりの滑らかさ、舌触りが全く異なるので省略しないのがおすすめです!

表面に塗る用(見た目にツヤが出てきれいに仕上がる)で卵黄を使用しますが、卵アレルギーの場合は卵不使用でもOKです。

 

こちらもおすすめ
さつまいもプリンのレシピ
さつま芋プリンのレシピ【卵不使用】離乳食完了期からのおやつにもOK

続きを見る

こちらもおすすめ
さつまいものおやつレシピ♪さつまいもとりんごのおやき|離乳食にも◎

続きを見る

 

スイートポテトの材料<6個分>

さつまいも
150g
卵黄
1個分
砂糖
小さじ2
牛乳
大さじ3
バター
5g
黒炒りごま
適量

 

スイートポテトのつくり方

  • さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、水に数分さらしてアク抜きをします。
  • 1をやわらかく茹でたら、熱いうちに潰して裏ごしします。
  • ボウルに2と砂糖・牛乳・溶かしたバターを加えて混ぜます。
  • 3を適当な大きさに形を作り、溶いた卵黄を表面に薄く塗ります。
  • 180度に予熱したオーブンで10分程度焼いて、いり黒ごまを上に散らせば完成。

※さつまいもの元々の水分量や甘さによって、砂糖や牛乳の量は多少前後します。

ワンポイントアドバイス

さつまいもは茹でてもokですが、炊飯器で蒸すのもおすすめ!

さつまいも自体がとっても甘く仕上がるので、砂糖の量を減らしてもおいしく食べられます♪

炊飯器de焼き芋レシピ【玄米モード】でねっとり甘く仕上がるヒミツを参考に、まずはあま~い焼き芋を作ってみてください!

 

スイートポテトの栄養ポイント

さつま芋の栄養素について解説します。

 

便秘の予防・改善!「食物繊維」

水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がバランス良く含まれ、腸内環境を整えてくれます。

他にも、食後の血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロール値を下げたりする働きもあるため、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

 

「ビタミンC・B1」

さつま芋には、糖質の代謝に必要なビタミンB1と、血管や皮膚の老化を防ぐビタミンCも豊富です。

脳は糖質をエネルギー源としますが、糖質の代謝に必要なビタミンB1も不足しないことが大切。

每日著しく成長・発達していく子供に脳とっても、とても重要な栄養素です!

管理栄養士あおちママのひとことコメント

栄養たっぷりなさつま芋を使った、定番スイートポテトのレシピ。

離乳食後期の子どもから大人まで、みんなでおいしく食べられるレシピです♪

ぜひ試してみてくださいね!

 


 

おやつのレシピ一覧

1歳からのおやつレシピ|豆腐とレーズンのクッキー♪卵なし・乳なし

1歳からのおやつレシピ|卵なしで簡単!黒ごまきな粉クッキー

1歳からのおやつレシピ|材料3つで!レンジで作れるバナナミルクプリン

離乳食のおやつレシピ|牛乳寒天ゼリー♪夏の水分補給にもおすすめ!

離乳食のパンケーキレシピ♪卵不使用、小麦粉で作る基本のふんわりパンケーキ

オートミールで離乳食クッキー♪赤ちゃん1歳児向けレシピ|砂糖・卵不使用

さつま芋プリンのレシピ【卵不使用】離乳食完了期からのおやつにもOK

-おやつ

© 2022 管理栄養士ママの離乳食blog